Loading…

当社の特徴

私たちCOMTASは安全のプロフェッショナルです!

1.「安心・安全・快適」な空間づくり

  COMTASは、遊具、体育器具の定期点検・修繕工事から施設周辺の障害物の撤去など、子どもたちが安心して安全に遊べる「遊び場空間」をつくっております。

  その遊び場空間をつくるうえで重要な素材と考えているのが木材です。「ぬくもり」「やさしさ」「やすらぎ」をもたらしてくれ、感性を養う、想像力を高めるなどの効果があり木育としても注目されています。

  しかし、木製遊具や木製ベンチ、ウッドデッキは他素材と比べ耐久性やメンテナンス性が低く設置数が年々減少しており、子どもたちに身近なものではなくなってきています。トゲやササクレができ、怪我の危険性など施設の管理者様から敬遠される要因でもあります。これら木材の弱点を解決する液体ガラスの技術を用いて再び子どもたちに安全に木と触れ合える遊び場空間づくりを目指しています。

 

2.液体ガラス木造救命士

建造物等の老朽化が急速に進行しており、我が国のインフラは大補修を迫られる時代に突入しております。私たちは、液体ガラス技術を用いて老朽化した建造物等の木材を改質し、木材が持つ特性を生かしつつ新品のように蘇らせます。また、橋梁やトンネル、照明灯や文化財の伝統的な建築物にはイタズラや落書きの被害により美観が損なわれている事案が多発しております。液体ガラス技術の用途は数種あり、このようなイタズラや落書きを防止することも可能です。

 

 

 

 

液体ガラス木造救命士資格証
 

3.万が一に備えて

 点検や修繕、新設工事など業務中に発生した対人事故、すべての業務が完了した後に不備が原因で発生した対人事故、そして遊具自体を損壊させてしまった場合に補償致します。

 

 

 

 

 

4.COMTASのプロの誇りと自覚

 遊具の定期点検は、国交省の「都市公園の遊具の安全確保の指針」に基づき、全国各地の遊び場空間で点検が行われております。
また、平成29年8月国交省「都市公園法施行規則」の改正により、平成30年4月から公園施設においては年1回の定期点検が義務化となりました。
全国には老朽化の進んだ遊具が30万基以上と言われており、私たちの役割は大変重要であります。
  COMTASは、子どもと同じ目線であらゆる状況を想定し細部に至るまで点検し、危険箇所を見逃すことなく、いち早く的確な処置を行います。
  木とふれあい、木から学び、木とともに生きる木育を重視しています。人々は木とともに生きてきました。本来あるべき姿を取り戻すべく、子どもたちが自然を再び身近に体感できる「安全・安心・快適」な遊び場空間をご提案させていただきます。

 

 

 

 

点検・修繕風景

 
Copyright 2015- 2018 COMTAS,Inc. All Rights Reserved.